変化させる|不動産所有や購入時にかかる税金を把握|落とし穴が潜んでいる

不動産所有や購入時にかかる税金を把握|落とし穴が潜んでいる

男性

変化させる

アパート

リノベーションと聞くと「リフォームと何が違うの?」との疑問をもつ人も多いと思います。リフォームは一般的に、老朽化などにより本来の機能を果たさせなくなった部分を修復する意味合いが強いのに対し、リノベーションは本来の機能の修復だけの目的ではなく、修復と同時に物件の付加価値を上げることを視野に入れています。たとえばリフォームの例としてはトイレやキッチンの水漏れなどのときの機能修復などがあげられます。またリノベーションの例には本人のライフスタイルに合わせて間取りの変更をおこなったり、ヨーロッパなどの外国のテイストを取り入れた大幅なイメージチェンジやレトロな空間を演出するなどさまざまなスタイルがあります。

リノベーションは物件の付加価値を上げることを目的に行われる工事の事を指しますが、リノベーションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。リノベーションを視野に入れることで、中古の物件も検討の対象となるため購入の際には物件の選択肢が大きく広がります。また本人の自由設計となりますので希望のイメージに近い空間を演出することもできます。新築の物件では予算オーバーするような場合、中古物件を購入しその後、本人のライフスタイルに合った希望のリノベーションを行うことで予算内で、要望にあった物件を手に入れることができる場合があります。またリノベーションをすることで資産価値が上がり、購入時より高い価格で売却できる可能性もでてきます。