不動産所有や購入時にかかる税金を把握|知っていると失敗しない

積み木

変化させる

アパート

リノベーションを行うことによって、家を快適空間につくり上げることが出来ます。リノベーションの効果で、不動産価値が高めることもありますメリットの多いリノベーションを行なっていきましょう。

もっと読む

管理会社への依頼

模型

マンションの管理を管理会社に依頼することはよくあることです。基本的にオーナーが依頼先を探し契約する形を取りますが、ここで重要なのが依頼先の選択です。十分に吟味する必要が有る上に料金との相談もあります。

もっと読む

支払う税金を抑える

模型とお金

相続により不動産を取得する人は多いですが、その処分に困っている人も少なくありません。不動産は持っているだけでも毎年固定資産税や都市計画税がかかりますし、誰も住んでいない実家などの場合は管理も大変です。 そのため売却という手に踏み切る人も多くいます。不動産の売却により税金はかかりますが、相続により取得した不動産の場合は相続税額を取得費に加算できたり、取得時期を被相続人(亡くなった人)が取得した時とすることができるため、税率が低くなるなどの特例があります。 使い道のない不動産は資産ではなく負債であるという専門家もいます。また先述した相続税の取得費加算は期限がありますので、売るのが遅くなると特例を受けられなくなるというデメリットも発生します。出来るだけ早く売却した方が良いでしょう。

2015年1月の相続税の大改正(増税と言った方が正しいかもしれません)により、例を見ない相続税ブームが巻き起こっています。雑誌やテレビのワイドショーなどで頻繁に特集が組まれますし、セミナーもあちこちで開催されています。 ただし税金にばかり目が行っていると、思わぬ落とし穴が潜んでいることがあります。特に不動産については権利関係が何よりも重要になりますので、まず税金よりも登記の方が大事と言えます。登記をしなければ何かあったときに権利を主張できませんし、何より要らないからと言って売却もできません。 相続により不動産を取得した場合はまず「誰が相続するのか」を確定してきちんと登記する事です。税金や売却はその後考える問題です。また、不動産は所有しているだけではなく購入時にも税金が発生します。購入時に発生する税金には印紙税や登録する際の税金、消費税などが挙げられます。そのため、購入をする際にはこういったこともしっかりと確認しておくと良いでしょう。

理想の暮らしを叶える

一軒家

新宿や名古屋、大阪で賃貸物件を探している人は、信頼できる不動産会社を探しましょう。また、タワーマンションやマンスリーマンションなどの質が高い暮らしも最近では人気を集めています。

もっと読む